脱毛と紫外線



脱毛と紫外線

脱毛をする際に気をつけなければいけない事はいくつかありますが、その中でも日焼けは、脱毛前も脱毛後も気をつける必要があります。その理由は、脱毛機の性質にあります。脱毛機に使われている熱エネルギーは、黒いメラニン色素に反応して毛に熱を与え、毛の組織を破壊する仕組みなため、日焼けをした黒い肌に熱エネルギーを当てることで光が拡散し、脱毛効果を低下させる原因となります。

また、火傷をするなど肌トラブルをおこしてしまう可能性もあるのです。あまりにも日焼けがひどい場合には、肌トラブルや事故を避けるためにも、施術自体断られることもあります。日焼けをする原因は紫外線が大きく関わっており、紫外線を浴びることにより、肌に様々な悪影響を及ぼすといわれています。シミやそばかす、ホクロができやすくなることは知られていますが、皮膚がんになる可能性が高いことも紫外線が影響しているのです。実はこの紫外線が毛を濃くするといわれており、紫外線をたくさん浴びることで、体が紫外線から身を守ろうと毛を濃くするそうです。

もともと毛の役割はそういった外部からの刺激から身をまもることなので、紫外線によって毛が濃くなることはごく自然なことなのです。しかし、毛が濃くなることは現在の人たちは望んではいないため、帽子や日傘、日焼け止めをこまめに塗るなどの日焼け対策が必要です。また、脱毛後の肌はとても敏感になっているため、紫外線に当たると肌が赤くなったり、トラブルの原因になります。脱毛後も紫外線対策には特に気をつることです。

関連記事

  1. 脇脱毛のアフターケア
  2. 脇脱毛の施術前
  3. 脇の脱毛に適しない方法
  4. 脇の脱毛に適した方法
  5. 脇の永久脱毛について
  6. 脇の脱毛について
  7. 脇脱毛が人気の理由
  8. 通いやすい店舗があるか
  9. 脱毛サロンと口コミ
  10. 医療脱毛との違い

トラックバックURL

http://axelbook.jp/book/000244.html/trackback