脇の脱毛に適しない方法



脇の脱毛に適しない方法

普段、脇毛の処理はどのようにしていますか。私は面倒なので剃刀でそっていることがほとんどなのですが、夏になると処理をすることも増えるので毛を抜く脱毛器を使って処理をしています。ですが、1本1本を抜くということになりますので痛みもすごく、しっかりケアをしないと炎症をおこしてしまったりすることもあります。これは家での事故処理だけではなく、脱毛サロンなどでも起こることがあるので気を付けないといけません。

脱毛サロンに行くと施術を行う方法がいくつかあります。一番人気があるのは光脱毛になるのですが、他にも電気脱毛もあります。脇の脱毛を行う場合、痛みはとても気になるところです。脇は痛みに敏感な場所なのでオススメは光脱毛になるようです。光脱毛は1回の施術時間も短いし痛みも少ないので大人気です。

そして、もう一つの電気脱毛は少し痛みを伴うものになります。電気脱毛はニードル針や絶縁針を使って毛穴に針を刺し電気を流して毛の毛根を破壊するということになるのですが、聞いているだけで少し痛くなりそうですね。電気脱毛を行う場合は、毛を2~3ミリほど伸ばしておかなければなりません。これは毛の流れを把握して針を刺す位置を決めるために必要なことです。電気脱毛を行い次に施術にいくまでは自己処理をできないということになりますので夏にはじめる場合は薄着をするのは難しいかもしれませんね。

電気脱毛は医療機関で行われていることがほとんどですので、痛みが強く続けるのが困難な場合は麻酔を使うこともできます。痛みが強すぎる場合は相談をしてみるのがいいですね。

関連記事

  1. 脇脱毛のアフターケア
  2. 脇脱毛の施術前
  3. 脱毛と紫外線
  4. 脇の脱毛に適した方法
  5. 脇の永久脱毛について
  6. 脇の脱毛について
  7. 脇脱毛が人気の理由
  8. 通いやすい店舗があるか
  9. 脱毛サロンと口コミ
  10. 医療脱毛との違い

トラックバックURL

http://axelbook.jp/book/000207.html/trackback